いつも身近に乳酸菌

乳酸菌で花粉症対策

一度なるとなかなか完治が難しい花粉症。
別名「季節性アレルギー性鼻炎」などと言われています。
症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの辛い症状で多くの人が悩まされています。
実はこの辛い花粉症は乳酸菌の効果で改善されるのです。
では乳酸菌やビフィズス菌がこの花粉症にどのように働きかけるのかを詳しく見ていきます。

花粉症になってしまうメカニズムとは?

花粉症とは、すぎやひのきなどの花粉が原因で体内に花粉が侵入すると、体が拒否反応します。
その反応を体の免疫力と言いますが、その働きが過剰に反応し、アレルギー反応として花粉の症状が出てしまいます。
通常であれば花粉が体内に入っても無害なのですが、免疫司令塔でもある「ヘルパーT細胞」が誤って有害物質だと認識してしまうと、抗体を作ろうと他の細胞に命令します。
その時に出た物質を「lgE抗体」といいます。
この「lgE抗体」は花粉に触れるとどんどん蓄積され、体内からこの花粉を外に出そうとします。
その結果、体内から花粉を洗い流そうとするため、鼻水やくしゃみ、涙などのアレルギー反応が起こるのです。
又、免疫細胞でアレルギー反応を抑えようとする「Th1細胞」と、アレルギー反応を促す「Th2細胞」のバランスが崩れると花粉症のアレルギーに反応してしまいます。

乳酸菌やビフィズス菌が花粉症に効果的なその理由とは?

ではなぜ乳酸菌やビフィズス菌が花粉症に効果的なのでしょうか? それは乳酸菌やビフィズス菌には、免疫力のバランスを整える働きがあるからです。
乳酸菌やビフィズス菌を摂る事で体内で「lgE抗体」が作りすぎるのを抑えたり、免疫細胞の「Th1細胞」を強くしたり、「Th2細胞」の働きを弱めたりする効果があります。

花粉症に効果的な乳酸菌とビフィズス菌とは?

乳酸菌やビフィズス菌には腸内免疫細胞のバランスを整え、アレルギーを緩和する働きがある菌があります。
では花粉症に効果的な菌について代表的な4種類の菌を見てみましょう。

■フェカリス菌
フェカリス菌とは免疫のバランスを整え、アレルギーを緩和する効果がある乳酸菌です。
このフェカリス菌を継続的に摂る事でアレルギーになりにくい体質にてくれます。

■L-92乳酸菌
L-92乳酸菌はカルピスの研究で独自開発された乳酸菌です。
「Th2細胞」を弱める働きがあります。
カルピスの研究で独自開発された乳酸菌です。

■KW乳酸菌
KW乳酸菌「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスを整える効果があり、このバランスが改善される事で体内に入った花粉を外に出そうとする過剰反応が起こらなくなります。

■ビフィズス菌bb536
ビフィズス菌bb536を摂る事で腸内の免疫細胞が活性化され、又体内の免疫バランスが改善される事で、花粉の症状が緩和されます。

以上4種類の菌が花粉症に効果のある菌です。
花粉症に効果的なビフィズス菌や乳酸菌を毎日摂る事で改善効果がある事がわかりました。
辛い花粉症を改善させるためにも自分に合った乳酸菌を試してみませんか? ▼おすすめサイト
乳酸菌と様々な相乗効果

page top