いつも身近に乳酸菌

善玉菌にはどんな効果があるの?

善玉菌は腸内にとって有益な腸内細菌の事をいいます。
この善玉菌を増やすと、体内で良い働きをします。
ではこの善玉菌はどのような働きをするのか、具体的に調べてみました。

善玉菌代表格は「乳酸菌」と「ビフィズス菌」

人間の体内には様々な菌が存在し、常に活動しています。
腸内細菌の種類はなんと、1000兆個もあり、重さにすると、1.0~1.5キロ程にもなります。
この腸内細菌の中で人に有益に働く菌を善玉菌といいます。
そして人に有害な物質をもたらす悪玉菌、この2つの腸内細菌の優勢な方に味方になる、日和菌という三種類の菌で構成されています。
そしてこの善玉菌の代表格には乳酸菌とビフィズス菌の二種類があります。
それぞれの特徴をみていきます。

■乳酸菌・・・乳酸菌は小腸に生息している腸内細菌で、ブドウ糖やオリゴ糖を使って乳酸という酸性物質を作り出す微生物の事です。
発酵食品に使われており、ヨーグルトや味噌、チーズなどに含まれます。

■ビフィズス菌・・・ビフィズス菌はヨーグルトなどで知られていますがこれも乳酸菌の一種です。
このビフィズス菌は酸素のある場所を好まないため、酸素の少ない大腸に生息する乳酸菌です。

また、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作りますが、ビフィズス菌は乳酸に加え、酢酸を生産するという違いもあります。
そして、大腸に生息する善玉菌の99.9%はビフィズス菌なのです。
従って、乳酸菌はこのビフィズス菌の手助けをする働きをします。

善玉菌の種類とその効果とは?

ではこの体に有益に働く善玉菌の種類と特徴を種類別にみてみましょう。

■乳酸菌の種類
・ラクトバチルス菌
植物性の乳酸菌です。
悪玉菌の増加を抑え、腸内環境を良くする働きがあります。
便秘の改善・美肌効果・ダイエット効果があり、よく市販のヨーグルトに使われている乳酸菌です。

・フェカリス菌
熱を加える事で死んでしまった死菌です。
免疫力の向上や花粉症の症状に効果があります。

・クレモリス菌
乳でできた乳酸菌の中で唯一生きたまま腸に届く乳酸菌で、カスピ海ヨーグルトに使われています。
腸の活動を活発にし、便秘改善・がん予防・アトピー性皮膚炎などに効果があります。

■ビフィズス菌の種類
・ビフィダム菌
世界で一番最初に発見されたビフィズス菌です。
悪玉菌の増殖を防ぎ、便秘改善やコレステロール値を下げる効果があります。

・ロングム菌
大腸まで届き、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があります。
腸内環境を良くする他、継続的に摂ると花粉症の改善に効果があります。

その他の善玉菌の種類

乳酸菌やビフィズス菌以外にもある身近な善玉菌とは?

・酵母菌
食材を発酵させる菌の事です。
腸内の善玉菌の活性化や老化の原因の活性酸素を抑える効果があります。

・麹菌
米・麦・大豆などの穀物に麹菌を繁殖させたもので、麹とはカビの一種です。

・納豆菌
乳酸菌が多く含まれており、消化を助ける効果があります。
納豆菌はビフィズス菌や乳酸菌よりもはるかに寿命が長く、便秘改善に効果があります。

善玉菌は腸内環境を整える有益な腸内細菌

腸内環境を良くするにはこの善玉菌が欠かせません。
腸内で善玉菌を優勢に保つにはやはり、生活習慣が大切です。
ストレスや偏食、喫煙などがあるとすぐに悪玉菌が増殖してしまいます。
そうならないためにも、適度な運動とストレスを溜め込まない事が大切です。
毎日の食生活に乳酸菌を摂り入れてみてください。

(参考)
乳酸菌摂取で善玉菌を増加
http://www.jim-bg.org/zenndamakinn.html

page top