いつも身近に乳酸菌

乳酸と乳酸菌って同じなの?

運動やトレーニングをしていると、よく耳にする乳酸。
この乳酸とヨーグルトなどに入っている乳酸菌とは同じ意味なのでしょうか?実は全く別物なのです。
ここではこの乳酸と乳酸菌がどのような物質なのか調べてみました。

乳酸と乳酸菌は一体どういう関係があるの?

では乳酸と乳酸菌とはどんなものなのかをそれぞれ見てみましょう。

・乳酸とは・・・運動でブドウ糖やグリコーゲンなどのエネルギー源が分解される時に同時に生成されるものです。
この乳酸は激しいトレーニングや運動をする事で、体内に蓄積されると中性である筋肉が酸性に傾いてしまうため、疲れなどが溜まり、体に悪影響を及ぼしてしまう疲労物質であると思われていました。
しかし近年、実は乳酸は疲労物質ではない事が証明されました。

・乳酸菌とは・・・乳酸菌は体内に摂取される事で、腸内でブドウ糖やオリゴ糖をエサとし、乳酸を作りだす菌です。
この乳酸菌は腸内環境を良くする善玉菌のエネルギー源として、手助けする効果があります。
そしてこの乳酸菌が、腸内環境を悪くする悪玉菌の苦手な酸性の環境にする事で悪玉菌を減らし、がん予防や便秘改善の効果があります。
又、腸内にある免疫機能の司令塔であるパイエル板に強く働きかける事で、風邪やウイルスに強い体を作る効果があります。

この結果、体内に溜まった乳酸と、乳酸菌によって生成された乳酸は働きや性質は全く別物で関係はないのです。
そして乳酸は疲労物資だと長年誤解され続けていましたが、実は乳酸も体に必要な成分なのです。

誤解されていた乳酸の本当の役割とは?

乳酸は体に悪い影響をもたらすと、長年に渡り誤解されてきましたが、実は乳酸も乳酸菌と同様に体に良い成分だとの研究が明らかになりました。
乳酸は疲労物質ではなく、体内に蓄積されても臨時のエネルギー源として使われているのです。
乳酸が体内に溜まるのは一定のもので、何もしなければ一時間程で数値は元に戻ります。
そして、筋肉だけでなく、脳にも乳酸は重要なエネルギー源として使われているのです。
ですが、激しい運動ばかりしてしまうと、乳酸が筋肉を酸性化してしまいます。
筋肉が酸性化してしまうと、筋肉痛・腰痛・肩こり・血行不良などの原因になってしまいます。
この酸性化にならない様にするには、急激に乳酸が蓄積しない運動方法を実践し、うまく乳酸をコントロールする事ができれば、乳酸は体においても重要な役目を担ってくれます。

乳酸も乳酸菌も別物ですが、どちらとも体に必要な成分です。
この二種類の成分は関係性は無くとも、両方人間の体においては、重要な成分なのです。
特に乳酸は近年まで疲労物質だと誤解されていた成分です。
体のエネルギー源で使われているとはいえ、乳酸を急激に発生させてしまうのは体に良くありませんので、乳酸を溜めないゆっくりした運動を実践して下さい。
乳酸菌は腸内環境において大切な役割をします。
ですから毎日の食生活に摂り入れてみて下さい。

page top