いつも身近に乳酸菌

乳酸菌で腸の健康を維持

乳酸菌が腸の健康維持に役立ち、腸内で働く事で驚く程の効果が得られます。
ではこの乳酸菌で腸内環境を良くするとどのような効果が得られるのか詳しく見ていきます。

乳酸菌とは?乳酸菌のメカニズムを徹底追求

乳酸菌とはオリゴ糖やブドウ糖を利用して酸を作り出す細菌の事をいいます。
人間の体内に存在する乳酸菌は、腸内に生息する善玉菌を増やし、腸内環境を良くする働きをします。
乳酸菌は善玉菌の代表格です。

健康を維持する上で重要な腸内フローラの仕組みとは?

腸内環境を良くする上で重要なのは、腸内細菌のバランスです。
この事を「腸内フローラ」と呼びます。
このバランスを保つ事で腸内環境が良くなるのです。
では「腸内フローラ」について詳しく説明します。
腸内フローラとは?・・・腸内には大きく分けて三種類の腸内細菌がいます。
それぞれの細菌の特徴を見ていきましょう。

■善玉菌
乳酸菌はこの善玉菌の代表格です。
善玉菌には乳酸菌の他にもビフィズス菌・フェーカリス菌・アシドフィルス菌があります。
この善玉菌は悪玉菌の増殖を防いだり、腸の運動を促進する効果があります。

■悪玉菌
悪玉菌とは腸内に生息する健康を害する菌の事をいいます。
この悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、便秘になるだけでなく、肌荒れや口臭、体臭の原因になります。
悪玉菌には食中毒の原因として有名なウェルシュ菌や、臭いの原因となるブドウ球菌があります。

■日和菌
日和菌とは有利な立場につく菌の事です。
善玉菌と悪玉菌のどちらにも属しませんが、優勢な菌の方に味方につく菌なのです。
日和菌の代表は大腸菌です。
この大腸菌は病原菌の大腸菌とは異なり、害のない大腸菌です。

この腸内フローラは腸内環境を整える上で最も重要なバランスになります。
そしてこの三種類の菌のバランスが、善玉菌二割・悪玉菌一割・日和菌七割がもっとも理想的な腸内環境です。
この腸内フローラは、生活習慣において日々変化します。
他にも乳酸菌にはプロバイオティクスといって、腸内フローラのバランスを整える力もあります。

乳酸菌を増やすための3つの方法とは?

ではこの健康維持に欠かせない乳酸菌を増やすための◯つの方法をご紹介します。

1.食物繊維を積極的に摂る
腸内環境を良くするには乳酸菌を増やして善玉菌を増やす事が必要です。
この善玉菌の栄養源が食物繊維です。
この食物繊維は海草類やキノコ類、野菜などに多く含まれる成分です。
これらを毎日の植生活に摂り入れる事で腸を刺激し、便通の改善に繋がり、腸内環境を良くしてくれます。

2.発酵食品を摂る
発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれており、他にも納豆菌や麹菌などもいます。
食品でいうとヨーグルトやチーズの他に醤油や漬け物、キムチ、味噌や納豆などです。
これらを継続的に摂り込む事で腸内環境が良くなります。

3.適度な運動・ストレスを溜めない
ストレスは腸内環境において悪玉菌が増える原因の一つです。
ストレスを感じる事で、腸内の消化液が抑制され、悪玉菌が増えやすい環境になってしまいます。
そして適度な運動は腸のぜん運動といって便を肛門まで運ぶ運動を促進する効果もあります。

乳酸菌を摂る事で腸内環境を良くする事が健康のカギになります。
乳酸菌は腸内環境を良くする上で大変重要な善玉菌です。
腸内フローラは日々の生活で変化します。
食生活や偏った食事をしているとすぐに悪玉菌が優勢になってしまい、腸内環境が悪くなります。
腸内環境を良くし健康維持を心がけるのであれば、腸内フローラのバランスを整える事が一番のカギなのです。
また、知っておきたい乳酸菌食品・レシピの詳細についても参考にご覧ください。

page top