いつも身近に乳酸菌

植物系の乳酸菌

腸内環境を良くする乳酸菌
この乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の二種類あるのをご存知でしょうか?この二種類の乳酸菌の中でも特に優れた働きをするのが植物性乳酸菌です。
ではこの植物性乳酸菌について詳しくみてみましょう。

植物性の乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは?

乳酸菌は体内に入った食物からのブドウ糖やオリゴ糖などが発酵し、乳酸という酸を作る菌の事です。
植物性乳酸菌は野菜や豆、米などの食物素材を発酵させる乳酸菌です。
一方、動物性乳酸菌は乳に対してのみ発酵させる乳酸菌の事をいいます。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも、過酷な状況の中で生きたまま腸まで届く力があります。

植物性乳酸菌の優れたメカニズムとは?

では植物性乳酸菌の優れたメカニズムについてみてみましょう。

植物性乳酸菌は腸の隅々まで、生きた状態で届く事のできる乳酸菌です。
腸の隅々まで届く事で、腸内にある善玉菌を増やし、腸内環境を良くします。
腸内環境が良くなると腸の機能が上がるので、便秘改善や免疫力が強くなるのです。

植物性乳酸菌と免疫力の関係とは?

植物性乳酸菌を摂る事で腸内環境が良くなり、免疫力も上がります。
では腸内環境が良くなるとなぜ免疫力があがるのでしょうか? なぜなら小腸の粘膜にはバイエル板という司令塔の役割を果たしている器官があり、ここで免疫グロブリンという抗体物質を出すことで、病原菌やウイルスに攻撃をします。
腸内環境が良いと、この司令塔でもあるバイエル板の力も強くなるため、免疫力が上がるのです。

植物性乳酸菌の種類についての特徴は?

ではここで植物性乳酸菌の種類と特徴について調べてみました。

・ラクトバチルス・プランタラム
この菌の特徴は酸にとても強く、胃酸でも殆ど死なずに、腸まで届く力があります。
便秘改善の他に、アレルギー症状にも効果があります。

・ラクトバチルス・ブレビス
通称ラブレ菌ともいいます。
この菌の特徴は胃酸に強く、生きたまま腸まで届き、がん細胞やウィルスを攻撃する力のあるナチュラルキラー細胞としての力があります。
便秘改善の他に免疫力を高める効果があります。

・テトラジェノコッカス・ハロフィルス
この菌の特徴は塩分が高い所でも生きる事ができ、醤油や味噌などに含まれている乳酸菌です。

・ペティオコッカス・ペントサセウス
この菌の特徴は胃酸や塩分濃度が高い場所でも生きたまま腸まで届き、善玉菌を増やす効果があります。

これら上記の植物性乳酸菌は漬け物や味噌、キムチなどの発酵食品に多く含まれています。
是非これらを毎日の食事で摂る事を心がけて下さい。

植物性乳酸菌の力を借りて腸内環境を良くしよう!

腸内環境を良くするポイントは、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂る事です。
植物性乳酸菌は生きたまま腸に届く乳酸菌です。
この菌は和食に多く含まれていますので、洋食ではなく、和食中心の食生活を意識して摂りいれてみてください。
これを機に乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。

page top