いつも身近に乳酸菌

乳酸菌が育つには

乳酸菌は人間の腸内にいる酸を作り出す細菌の事です。
この乳酸菌は、腸内環境を良くする上で非常に重要な役割を果たす菌です。
では乳酸菌がどのように育つのかを具体的にみてみましょう。

乳酸菌とは?

乳酸菌はオリゴ糖などのブドウ糖から乳酸を作る細菌の事を言います。
この乳酸菌は人の体内に生息しており、ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェーカーリス菌などで、それらを総合して善玉菌と呼びます。
乳酸菌は善玉菌の代表格なのです。

乳酸菌が腸内に増えると良い理由とは?

乳酸菌は食品などに含まれる糖質を分解する事で発酵します。
この発酵する力が乳酸菌のもっとも重要な力です。
乳酸菌を総合して善玉菌といいますが、善玉菌が腸内で発酵する事で、腸内環境を良くする働きがあり、様々な効果をもたらします。
その反対に悪玉菌と呼ばれる腸内細菌があり、これは発酵とは違い腐敗させる力を持っています。
この悪玉菌が腸内で増えてしまうと、発酵とは違い腐敗によって有害物質を作り出し、便秘など様々なトラブルが増えてしまいます。
この悪玉菌を増やさないようにするために、この乳酸菌が必要なのです。

乳酸菌を育てやすくする3つの方法とは?

腸内環境を良くする善玉菌の代表格が乳酸菌ですが、では体に良い乳酸菌を腸内で増やすにはにはどうしたら良いのか?その方法を調べてみました。

■その1.食物繊維を摂取する
食物繊維は乳酸菌のエサになります。
この食物繊維を摂取する事で、腸内に乳酸菌が増殖します。
この食物繊維は野菜や果物、海草類などに豊富に含まれています。
これらを良く食べる事で、乳酸菌が増えるのです。

■その2.オリゴ糖を摂取する
オリゴ糖の役目は腸内にいる善玉菌を増やす事です。
オリゴ糖は善玉菌のエサになり、善玉菌が増えると、腸内環境が良くなります。
このオリゴ糖と乳酸菌を一緒に摂取する事で更に善玉菌が増え、便秘や免疫力向上の働きをして、健康的な体へと導いてくれます。

■その3.定期的な運動
善玉菌は定期的な運動を心がける事で、腸でのぜん動運動(腸に溜まった便を肛門まで運ぶ働き)が活発になり、便秘を解消してくれます。
運動不足の腸ではこの働きが鈍くなり、便が腸に留まる事で便秘になったり、悪玉菌が増える原因にもなります。

乳酸菌から得られる5つの効果とは?

では乳酸菌が腸内で増えると得られる効果ををみてみましょう。

■1.便秘の改善
乳酸菌を摂取する事で善玉菌が増えると腸内に酸が善玉菌が作り出す酸が増えます。
その酸が腸を刺激し、ぜん動運動が活発化し、便通が良くなります。

■2.免疫力向上
免疫力は乳酸菌を摂取することで、パイエル板という回腸に存在する体全体の免疫を司る指令場所がありそのパイエル板は外敵が体内へ侵入すると体内の細胞に指令を出して攻撃をします。
乳酸菌を摂取することでこのパイエル板が活発化し、免疫力を上げます。

■3.花粉症予防
乳酸菌の種類の中で「BB536株」というビフィズス菌の一種が花粉症に効果がある乳酸菌です。
実験結果でもこの「BB536株」の入ったヨーグルトを摂取する事で、花粉症の症状が改善されました。
体内にビフィズス菌が不足すると花粉症になりやすいので、乳酸菌を摂取する事は花粉症の緩和になります。

■4.大腸がん予防
最近増えているがんは大腸がんです。
原因は食生活が昔と比べ欧米化しているからです。
食物繊維や発酵食品を摂取する機会が減ってしまうと、腸内に悪玉菌が増殖し、善玉菌の効果を抑えてしまう事になります。
悪玉菌を増やさないためには善玉菌の一種である乳酸菌を積極的に摂取する必要があります。
乳酸菌を体内に増やす事で悪玉菌を減らす事ができれば、大腸がんのリスクも軽減されます。

■5.口臭予防
便秘が続くと臭いおならが出たり、口臭が臭くなる事があります。
これは腸内で悪玉菌が増殖する事で便が腐敗し、有害物質として体外へ排出されるからです。
悪玉菌が減れば、口臭予防にもなります。
口臭予防への近道もやはり乳酸菌を摂取する事が大切です。
また、こちらの乳酸菌の体験談についても参考に合わせてご覧ください。

page top